« 植物のチカラ | Main | 記録すること »

12 March 2005

春のはじまり スノードロップ

snowdrop2毎年春いちばん花を見せるスノードロップが咲きそろい、もうそろそろ終わり。追ってミニアイリスも咲きはじめた。どちらも背丈の低い楚々とした様子がとてもかわいらしい。白花と黒花のクリスマスローズも大きなつぼみがふくらみ始めている。花よりも葉っぱが茂る割合の高い私の庭が、唯一華やぎを見せるのがこれからしばらくの短い春の季節。

スノードロップに初めて会った記憶は、20年近く前のイギリスのトーキー(Torquay)で。ホームステイした家のお母さんと毎夕、犬を連れて林や森のなか、海辺を散歩していた時のことだったと思う。 大きな木の根元にぎっしりと生えていたのがスノードロップだった。

小さく可憐なスノードロップにすっかり魅了されて、球根を求めてすぐにガーデンショップを探したが、もちろん季節はずれの探しものはみつからなかった。その後、日本に戻って忘れていたころにトーキーから小さな包みが届き、なかにはスノードロップの球根が入っていた。

母の庭に大切に植えた、そのスノードロップは発芽率が低く、花が咲いたのはほんの少し。母も本でスノードロップを見てからずっと欲しかった植物なのだとあの時話してくれて、ふたりで宝物のように小さな花を眺めた。スノードロップも今ではすっかりポピュラーな植物となり、日本の園芸ショップにたくさんの球根が売られていて、八重のものや、大花のものまである。100ほどのハイブリッド種があるそうだ。

snowdrop1
その姿に魅了されるスノードロップには、素敵な伝説がいくつかある。花言葉(希望、慰め)にまつわるアダムとイブの話し、花色にまつわるドイツの言い伝え、幸運をもたらすロシアの話しなど。どれも、スノードロップを好きにならずにはいられないかわいらしい話しばかり。

日本で売られているスノードロップの多くは、Galanthus elwesii(ガランサス・エルウェシー)という種類。イギリスにはGalanthophilesと呼ばれるスノードロップ愛好家たちもいるらしい。彼らはスノードロップの季節になると花を求めて、各地のスノードロップ詣でをするとか。コッツウォルズの園芸家にお聞きした話し。

今、あるお仕事で植物の伝説などを調べに国会図書館へ通っている。目的とする植物にまつわる文学や伝説、歴史を求めてたくさんの本を閲覧していると、つい脱線しそうになる興味深いことにたくさん出会う。植物ってやっぱり深い。

|

« 植物のチカラ | Main | 記録すること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/3268147

Listed below are links to weblogs that reference 春のはじまり スノードロップ:

« 植物のチカラ | Main | 記録すること »