« 流行というフィルタ | Main | 趣味の恩人 »

17 April 2005

花束の贈りもの

bouquetあるご縁で、ハーブ研究家として有名な先生の横浜のご自宅におじゃまさせていただく機会を得た。先生に直接お会いするのも初めて。しばらく前から少し緊張しながら、その日を迎えた。

ところどころに薄紫の花をつけたローズマリーがうねうねと枝をのばし、ガレージ脇にはヒメツルニチニチソウが茂り、庭からもさまざまな木の枝がこぼれるようにのびている一軒の家。玄関前は甘い花の香りが満ちている。かわいらしいブルーの扉から、きれいなピンク色のシャツを着た先生が出ていらした。

居間に入るとテーブルの上に飾られた花が目に入る。ブルーのブリキの水差しに入った、お庭に咲くいろいろな花を摘んでまとめた小さな花束。茎の根元から摘んで、葉っぱごとまとめてあるので、グリーンの濃淡がやわらかさを添えている。同行させていただいた年上の女性とともに、そのやさしい色のかたまりに見入った。

帰り際にこの花束をおみやげに頂いた。私たちふたりのために、朝摘んで花束にしておいてくださったそうだ。ブリキの水差しからそっと持ち上げると、花束はちゃんと2つに分けられていた。

自宅に戻り、水切りをしてガラスの器に飾って改めて観察。淡いグリーンのクリスマスローズ、ツルを長めに切ったカロライナジャスミン、濃い緑の葉もきれいなヒメツルニチニチソウ、八重、黄色、レモンイエローのミニスイセン、ムスカリ、ワスレナグサ、カモミール、スノーフレーク、スミレ、ローズマリーなど、数えてみたら17種類。

この花束のみずみずしい元気さは、4日たった今日もそのまま。どれも生き生きとしている。持ち帰った時にはつぼみだったカロライナジャスミンも開き始めた。

見事なバラやユリの入った華麗な花束も嬉しいけれど、こんなナチュラルなやさしさにあふれる花束もとても嬉しい。目にとまるたびに、花々が育っていたやさしい庭がその延長に見えるような気がする。イギリスのコテージガーデンの中にダイニングテーブルがあるような錯覚をおぼえながら、ここ数日を過ごしている。

violet
←お庭を案内しながら先生が摘んで
 大切に手渡してくださったニオイスミレ。
 その名は『プリンセス・ダイアナ』。









citrus

      大きいほうはグレープフルーツ。
      種から育てたのだそう。すごい!
      味が濃く、びっちりと実がつまっていて
      とてもおいしかった。       →

|

« 流行というフィルタ | Main | 趣味の恩人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/3731929

Listed below are links to weblogs that reference 花束の贈りもの:

« 流行というフィルタ | Main | 趣味の恩人 »