« 怒! の巻 | Main | 『信じていれば必ず叶う』 »

28 May 2005

もうひとつの楽しみ

渡英の日程を決めて、航空券とホテルの手配をしたら、次にまず、滞在期間中のROH(ロイヤルオペラハウス)のバレエの演目を確認する。事前にROHのwebサイトで予約をして当日劇場のボックスオフィスに行くと、封筒に入ったチケットを実にスムーズに手渡してくれる。まったくのストレスフリー。

この予約システムがとてもよくできている。席のカテゴリを選ぶと、カテゴリ内の席からの舞台の見え方を席ごとにクリックして見ることができる。なので、いざ席に着いたら思ったよりよく見えなくてがっかり、ということがない。自分が求める見え方を値段とのバランスを考えながら納得いくように選べる。
ロイヤルオペラハウス

メンバー登録しておくと、シーズンごとのチケット販売時期やイベント情報のメールが届き、たまにメール限定のスペシャルオファーもある。今年は、滞在中の短い間に“Ondine”と“Swan lake”が上演! 加えて、“Ondine”のスペシャルオファーのメールも届いた。

まず月曜に、日本人プリンシパルの吉田都さんがタイトルロールを演じる“Ondine”を観た。10年以上前に四季の『オンディーヌ』を東京グローブ座で観たことはあったが、バレエでは初めて。少々前衛的な音楽のなか、水にたわむれる水の精のはかない力がこまやかな手の動きとたしかな踊りで見事に表現され、吉田都さんのオンディーヌはすばらしかった。

そして今夜は“Swan lake”。『白鳥の湖』は、小学生のころにボリショイバレエでを観たきりだ。“Ondine”に比べて、舞台装置も衣装も豪華で、出演者も多く、見どころの踊りのシーンも多い。赤い緞帳があがると、繊細なレースを重ねたような透ける幕がもう一枚かかっていて、それはそれは優雅。

隣に座った日本人の男性が週に何度もバレエやオペラを観ているという方だったので、いろいろと教えていただいた。今シーズンの“Swan lake”は、若手がたくさん出ている舞台だそうで、ジーグフリード王子のジアゴ・ソアレスはまだファースト・ソリストでプリンシパルではない。

オデットのマリアネラ・ニュニアスがちょっと大きいような気もしたが、あぶなげのないしっかりとした踊りで存分に楽しんだと話したら、英国人の批評家に言わせると“passion”が足りない若い踊りだとのこと。この場合の“passion”とは、『表現力』を意味するらしい。

バレエを観るのは好きだが、詳しくない。毎年、ROHという空間でのバレエを自分なりに満喫しているだけだ。昨年と今年はバレエに詳しい日本の方に劇場内で会い、声をかけていただいてレクチャーしていただけるという不思議なご縁が続いている。

昨年は“Onegin”を観た。早めに席に着いていたら、ふと目の合った日本人の女性が声をかけてくれた。彼女は休暇をとって、パリのオペラ座→ロンドンのROHとバレエのはしご。演目と出演者を指定してチケットを予約して、毎年来るのだと言っていた。そんな旅の仕方もあるんだ、と感心した。

今年のチケットを予約する際に、また彼女にロンドンで会えたら嬉しいなと思っていたが、そんな偶然が続くはずもなく、メールアドレスでも交換しておくべきだったと今ごろ後悔。(彼女は成田のDHLで働いていると言っていた記憶がある。もし、このblogを読まれたら、または彼女らしき方をご存知の方はぜひご連絡ください。)

今度は12月にぜひ、ROHで“Nutcracker(くるみ割り人形)”を観る機会を得たい。

<><>
27may-1週末なので、ロイヤル・オペラ・ハウスに隣接したコベントガーデンにメリーゴーランドが出現。
27may-2昨日あたりからあたたかくなってきて、今日はなんと32度もあったらしい。びっくり。公園にはたくさんの人で、みな気持ちよさそうに昼寝していた。
27may-3午前中はサリー州のレッドヒルで開催されている展覧会へ行った。自然光がたくさん入る白い部屋に、ヒカルノグチさんのインテリア小物のきれいな色が映えていた。

|

« 怒! の巻 | Main | 『信じていれば必ず叶う』 »

Comments

MSさん、こんにちは。
先日はロイヤルオペラハウスでの短いひとときでしたが、
ありがとうございました。
その後、ラーメンはいかがでしたか?
私は昨日帰ってきてしまいました。
「許容」しているという表現、ぴったりですね。
私もそんなこんなも含めて深い愛情をあの国に感じます。
サイトも拝見しました。バックナンバーがたくさんあるので、
読ませていただくのが楽しみ!
またお会いしていろいろと教えていただける機会がありますように。
バレエのBBSサイトも教えてくださいね。

Posted by: yasky | 31 May 2005 at 09:34

先日はロイヤルオペラハウスで、
色々話せて楽しかったです。酔ってたけど。
英国の旅いろいろあったようですね。
僕は、そのもろもろも含めてこの国を許容しています。
メールアドレスはHPに載せちゃうと、
変なメールが来ますので、偽者です。
ちなみに私のロンドン情報はURLにあります。
人のHPですけどね。
自分のは、やめちゃったので。

Posted by: MS from London | 31 May 2005 at 06:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/4309714

Listed below are links to weblogs that reference もうひとつの楽しみ:

« 怒! の巻 | Main | 『信じていれば必ず叶う』 »