« May 2005 | Main | July 2005 »

18 June 2005

お茶の効用

お茶、コーヒー、紅茶。さて、何を飲もうかな。

リラックスしたいとき、風邪っぽいとき、食べ過ぎたとき、おなかが痛いとき、甘いものが食べたくなったとき・・・にそれぞれ飲むお茶がある。ハーブティだったり、紅茶だったり、日本茶だったり。

DSCF0146朝飲みたいのは、やはりブレックファースト系。濃いめの紅茶にミルクを入れて頂く。今はTAYLORS of HARROGATE(テイラーズ・オブ・ハロゲート)の紅茶が、コクがある香りよいミルクティを味わえるので、お気に入り。イングリッシュ・ブレックファースト、スコティッシュ・ブレックファースト、アイリッシュ・ブレックファーストとそれぞれ揃うのも楽しい(ウェルシュもあるといいのに)。

それぞれの缶の記載は以下のとおり。
 ◇ENGLISH BREAKFAST:
   A rich and refreshing tea blended to our traditional recipe
 ◇SCOTTISH BREAKFAST:
   A traditional Scottish blend with rich, full flavour
 ◇IRISH BREAKFAST:
   A traditional blend for lovers of strong tea

ね、面白いでしょう?

TAYLORS of HARROGATEの紅茶は日本の水に合うみたい、と母の友人に10年ほど前にお聞きしたのがここの紅茶を常備するようになったきっかけ。TAYLORS of HARROGATEは、硬水、軟水という異なる水質を考えて紅茶を作っているのだそうだ。自分の住む地域の水に合わせて紅茶選びができる、というのは今年渡英した際におみやげに頂いた紅茶で遅ればせながら知った。

photo2
お茶の時間には、もう少し香りのあるものが飲みたくなる。すがすがしい緑を感じる緑茶でも、香ばしいほうじ茶でもいいし、甘い香りのアップルシナモンティでもいい。あたためたミルクにキャラメルティを煮出すのもおいしい。

お昼ごはんを食べ過ぎたら、フェンネルやミントのハーブティを飲むとすっきりする。でも、クライアントさんのオフィスにおじゃましているときは、ペットボトルのお茶に頼ることになってしまうことが多い。

最近のペットボトルのお茶の豊富な種類には本当にびっくり。味のこだわりだけでなく、さまざまな効果を期待できるお茶も登場している。ハーブの効能入り緑茶が13日に発売になった。

そのハーブがビンカマイナー。このラテン語の名前はあまりなじみがないかもしれないが、日本名ではヒメツルニチニチソウという。住宅街を気をつけて歩いていると必ずどこかの庭に植えられている、とても身近な植物だ。我が家でも旺盛にツルを伸ばしている。

この植物には、実は嬉しい効き目がある。ヨーロッパ(特に西欧、南欧)では、頭をすっきりさせるハーブティとしてとてもポピュラーで、日本でも以前はビンカマイナーの抽出成分を配合した薬があったらしい。

夏の始まる前に、雑誌で組まれる部分やせ特集。腹筋運動やダンベル体操などをする際は、引き締めたいと思うところに意識を集中して、という記載が必ずある。なにか効果を期待してお茶を飲むときも、その感覚は同じような気がする。信じて飲むからこそ、より効くような気がする。

無意識に選ぶお茶の種類、紅茶の種類。でも無意識のなかの意識で、自分のからだが求めているなにかを感じ取って、種類を選んでいるに違いない。ひとくちひとくちをじっくり味わいながら、お茶に含まれる効用をしっかり期待しよう。。。

DSCF0150
これは、軟水用の赤ラベルの商品 『YORKSHIRE TEA』。石灰がいっぱい入った硬水向けの「For Hard Water」の黒いラベルの商品もあるそう。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

13 June 2005

事実は真実の敵

松本幸四郎さんの『ラ・マンチャの男』を観た。中学生の時に帝国劇場で観て以来。実に25年以上ぶりだ。キャストの顔ぶれはほとんど変わり、上条恒彦さんだけがそのまま。他界された小鹿番さんに変わる佐藤輝さんのサンチョも、あたたかさのにじみ出る愛すべき人間らしいサンチョだった。

思いがけず前から3列目という良い席に着き、思い出をたどりながら舞台に向かう。今の私に飛び込んでくるメッセージやシーンは、中学生の頃の私に深く印象を残したものとは異なっているのをぼんやりと感じる。

本を読む、映画を観る、お芝居を観る・・・ということ。もちろん面白かったり楽しかったり、娯楽の要素もあるが、それだけが動機ではないように思う。

人はいつも何かしら疑問や不安や葛藤、テーマのようなものを自身のこころのなかで繰り広げている。その時その時で、悩むこと、答えが欲しいものはさまざま。20代の頃の私は、映画のなかにそのほとんどの答えを見出していた。映画を観ると不思議なほどに、その時に心のなかで自問自答している答えにぴったり出会う。

ウディ・アレンの『カメレオンマン』という映画がある。ウディ・アレン扮する主人公のZeligは、まわりに過度に同化してしまうこころの病を持つ。人に嫌われたくない、まわりの人に受け入れられたい、そんな思いが大きすぎて、自分の近くにいる人々の外見にまでそっくりに変化してしまうのだ。ドイツにいるときはヒトラー似、中国に行けばあっさりしたオリエンタルな顔に早変わり。

この映画は、三鷹オスカーという名画座で大学生のときに初めて観た。人に合わせることの度合いって難しいなと悩んでいるときだった。そんな悩みが大きく大きくなったものが、目の前のスクリーンで極端にデフォルメされて繰り広げられた。映画が終わって三鷹駅に立ったとき、すっきりにっこりしていた感覚をよく覚えている。映画を観て、人に合わせるという行為の度が過ぎることの愚かさを知り、自分なりの ものさし を得た。

『ラ・マンチャの男』のドン・キホーテは歌う。「夢はみのりがたく ~略~ 道は極めがたく 腕は疲れ果つとも 遠き星をめざして 我は歩み続けん ・・・」 たくさんのつらい現実を見、経験したセルバンテスは、妄想を追い続けて狂人と呼ばれるドン・キホーテと自身を行ったり来たりしながら、気高い心を持ち続けて夢を追い続けることの大切さを私たちに説いた。

『事実は真実の敵』 と、セルバンテスは言った。ありのままの人生(事実)に折り合いをつけて、あるべき姿(真実)のために戦わぬことこそが狂気であると。

まこと、真実、本物、本当って何? 根っこがないまやかしに嫌悪感を抱き続けているこのところの私。舞台の上で精一杯に夢を追って生きるドン・キホーテに、今回もまたもや大切な答えをもらってしまったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10 June 2005

新茶の季節

大切なお友だちから新茶が届いた。おばあさまが作ったばかりの新茶を、できるだけ早く香りのよいうちにと、そっと玄関に置いていってくれた彼女の心づかいがとても嬉しい。

ふたをあけると新鮮なよい香りがふわっとたちのぼった。上手においしく入れたい。お湯の温度をネットで検索して確認する。

                  *                   *

渡英の際、スーパー、紅茶専門店、デパート、食料品店などで、数種類の紅茶を買いだめする。フォートナム&メイソンで必ず買うのはアールグレイ。フォートナム&メイソンのアールグレイ・クラシックは人によっては苦手と言う方もいるほど、独特の強い香りがある。これほど癖のあるアールグレイはなかなか他にはなくて、私は好き。他のブランドのアールグレイも2缶並べて、順番に飲みくらべて楽しむ。

5月の渡英で嬉しいのは、ファースト・フラッシュやセカンド・フラッシュの特別なダージリンが手に入ることだ。通常の紙包みの紅茶は、250グラムで6ポンドほど。でも、ファースト・フラッシュやセカンド・フラッシュは125グラムで12~18ポンドする。包みも特別。今年はきれいな水色のリボンで飾られていた。

うっすらとした色合いの、フレッシュで品のある香りを楽しめる、この季節だけの紅茶。透明感のある繊細な味と香りを楽しみたくて、お茶うけはなし。紅茶だけをじっくり楽しむ。

今年は、私の大気に入りのお料理屋さんへのお土産としてひと包み買ってきた。有機野菜を使って、丁寧に素材の味を生かしたお料理づくりをされる方の舌で味わっていただいて、その感想をぜひお聞きしたい、という私の勝手な希望。

次回お会いする際に、ぜひ感想を聞かせてくださいね。

                  *                   *

新茶を入れるのは、70~80度くらいが適温という記載と、人肌よりちょっと暖かめの50~60度が適温という記載があった。人それぞれ好みは異なるので、自分で試してみつけるのがよさそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »