« 事実は真実の敵 | Main | 食のヴァラエティ »

18 June 2005

お茶の効用

お茶、コーヒー、紅茶。さて、何を飲もうかな。

リラックスしたいとき、風邪っぽいとき、食べ過ぎたとき、おなかが痛いとき、甘いものが食べたくなったとき・・・にそれぞれ飲むお茶がある。ハーブティだったり、紅茶だったり、日本茶だったり。

DSCF0146朝飲みたいのは、やはりブレックファースト系。濃いめの紅茶にミルクを入れて頂く。今はTAYLORS of HARROGATE(テイラーズ・オブ・ハロゲート)の紅茶が、コクがある香りよいミルクティを味わえるので、お気に入り。イングリッシュ・ブレックファースト、スコティッシュ・ブレックファースト、アイリッシュ・ブレックファーストとそれぞれ揃うのも楽しい(ウェルシュもあるといいのに)。

それぞれの缶の記載は以下のとおり。
 ◇ENGLISH BREAKFAST:
   A rich and refreshing tea blended to our traditional recipe
 ◇SCOTTISH BREAKFAST:
   A traditional Scottish blend with rich, full flavour
 ◇IRISH BREAKFAST:
   A traditional blend for lovers of strong tea

ね、面白いでしょう?

TAYLORS of HARROGATEの紅茶は日本の水に合うみたい、と母の友人に10年ほど前にお聞きしたのがここの紅茶を常備するようになったきっかけ。TAYLORS of HARROGATEは、硬水、軟水という異なる水質を考えて紅茶を作っているのだそうだ。自分の住む地域の水に合わせて紅茶選びができる、というのは今年渡英した際におみやげに頂いた紅茶で遅ればせながら知った。

photo2
お茶の時間には、もう少し香りのあるものが飲みたくなる。すがすがしい緑を感じる緑茶でも、香ばしいほうじ茶でもいいし、甘い香りのアップルシナモンティでもいい。あたためたミルクにキャラメルティを煮出すのもおいしい。

お昼ごはんを食べ過ぎたら、フェンネルやミントのハーブティを飲むとすっきりする。でも、クライアントさんのオフィスにおじゃましているときは、ペットボトルのお茶に頼ることになってしまうことが多い。

最近のペットボトルのお茶の豊富な種類には本当にびっくり。味のこだわりだけでなく、さまざまな効果を期待できるお茶も登場している。ハーブの効能入り緑茶が13日に発売になった。

そのハーブがビンカマイナー。このラテン語の名前はあまりなじみがないかもしれないが、日本名ではヒメツルニチニチソウという。住宅街を気をつけて歩いていると必ずどこかの庭に植えられている、とても身近な植物だ。我が家でも旺盛にツルを伸ばしている。

この植物には、実は嬉しい効き目がある。ヨーロッパ(特に西欧、南欧)では、頭をすっきりさせるハーブティとしてとてもポピュラーで、日本でも以前はビンカマイナーの抽出成分を配合した薬があったらしい。

夏の始まる前に、雑誌で組まれる部分やせ特集。腹筋運動やダンベル体操などをする際は、引き締めたいと思うところに意識を集中して、という記載が必ずある。なにか効果を期待してお茶を飲むときも、その感覚は同じような気がする。信じて飲むからこそ、より効くような気がする。

無意識に選ぶお茶の種類、紅茶の種類。でも無意識のなかの意識で、自分のからだが求めているなにかを感じ取って、種類を選んでいるに違いない。ひとくちひとくちをじっくり味わいながら、お茶に含まれる効用をしっかり期待しよう。。。

DSCF0150
これは、軟水用の赤ラベルの商品 『YORKSHIRE TEA』。石灰がいっぱい入った硬水向けの「For Hard Water」の黒いラベルの商品もあるそう。

|

« 事実は真実の敵 | Main | 食のヴァラエティ »

Comments

葉っぱまるまるの紅茶!
とは、どんな香り&味なのだろう。
『rare tea』のコーナーにあるのかしら?
続報求ム!!

Posted by: yasky | 22 June 2005 at 00:23

5年ほど前、仕事でインドに行ったとき、
紅茶を飲んでいて「みょうに懐かしい味だね~」
と話していて、ティーポッドを見るとリプトンの
ティーパックが入ってました。
なんだかがっかりなのと、懐かしいと思った味覚の記憶は
すごいと思った。
フォートナム・メースンでは、葉っぱまるまるの紅茶が
あるらしいですよ。

Posted by: Seike | 20 June 2005 at 03:47

コメントありがとうございます。
mixiも拝見しましたよ! これからも楽しみにしています。

紅茶の消費が減っているんですか・・・。
そういえば、ロンドンもスタバやなんやら、
コーヒーショップがとても多いですよね。
『健康にいい』ものが流行るのはバブルでヤッピーが増え、
ロンドンで割高でお金のかかるオーガニックが
大流行だった流れも受けているのでしょうか。

茶葉をちゃんと使って紅茶を飲むという習慣も
あまりないですよね。
私が10代で初めてホームステイしたロンドンのお宅も、
翌年ホームステイしたコーンウォールのお宅も、
ティバッグ+マグでしか紅茶は飲みませんでした。
でも、大学生のときの英国人のフラットメイトは、
自分の好きなフレーバーの紅茶だけは茶葉を使っていました。
彼女はおばあちゃんと長く暮らしていたからかもしれない。
だから、スコーン+クロッテッドクリーム+ジャムも
よく登場していましたよ。
といっても大半はテスコかセインズベリのスコーンだったけど!!

Posted by: yasky | 19 June 2005 at 23:53

どうも、やっとこMixiにアップしました。
なんだか、10年前頃に自分のHP作った頃を思い出します。

最近のイギリスの新聞では、イギリスでは紅茶の消費が、
すごく減っているらしいです。
健康にいい、グリーンティーやコーヒーに流れている
とのこと。
周りの英人も皆コーヒー飲んでますね。
英人にアフタヌーンティーの話をしたら、
「おばあちゃんがやってたけど、私たちはやらないわ」
だって。

Posted by: Seike | 19 June 2005 at 20:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/4566367

Listed below are links to weblogs that reference お茶の効用:

» シャキッとしたいシーンにぴったりの新しい緑茶が誕生! →健康食品&サプリ新商品速報 [健康のススメ→ 気になるサプリメント・健康食品ブログ]
 今日の新商品速報は、コカ・コーラ「Qoo」の夏季フレーバーと、カルピスの新しい [Read More]

Tracked on 18 June 2005 at 23:24

» 茶合戦 [茶むりゑのお茶ブログ]
茶合戦をしたいと思います。 申し訳ありませんがTrackbackは禁じさせていただきます。 コメントの際URLの記入をする形でお願いいたします。 なぜならコメントを書く際にスクロールが面倒だから。 茶合戦とは茶に対する激論。 基本的には匿名でいいたいこと言いまくる雰囲気。 まずはお茶の名門伊藤園にもの申したいと思います。 その際、ただ伊藤園に向かって叫ぶのではなく、他の方のコメントにも対応していただきたい。 「それは違うだろ」とか「味はいいけどパッケージ嫌い」とか、なんでもかまいませ... [Read More]

Tracked on 18 August 2005 at 15:40

« 事実は真実の敵 | Main | 食のヴァラエティ »