« パキラの声 | Main | 台湾の味 1 『夜市の味』 »

09 October 2005

「舞」の歌舞伎

9月の歌舞伎は、今までとちょっと違う楽しみ方をした。新日屋さん企画による講座を歌舞伎座地下食堂で聞いてから、そのまま一階席で観劇。この企画は、歌舞伎座メールマガジンの告知で知ったのだが、違った視点を頂けるよい機会となり、舞台とともに大満足した。

講演者は青木房江さんで、イヤホンガイドの解説者としておなじみ。日舞の世界では、坂東流のお名取の名前「坂東勝芙紗」で知られている方だそうだ。私自身はイヤホンガイドをあまり使わない派で、さらに日舞にも詳しくないので、初めてそのプロフィールなどにふれるきっかけとなった。

講座では、青木さんが中学生の頃から日舞に真正面に向かって極めていらした道のり、その後の中村雀右衛門さん師事、イヤホンガイドを始められたきっかけなどのお話しを聞いた。9月は、雀右衛門さんの『豊後道成寺』を楽しみにチケットをとっていたので、まさにピッタリ!の内容。

『豊後道成寺』は浄瑠璃仕立ての道成寺で、8年ぶり、3回目の上演となる。今までに何度か『京鹿子娘道成寺』は観たことがあったが、この道成寺は初めて。古典復活の試みとして、雀右衛門さんが昭和57年に初めて踊ったものらしい。

唄と踊りだけのシンプルな舞台ながら、雀右衛門さんのかわいらしい清姫が、途中その様相を変貌させながら舞う姿に釘付けとなる。今年85歳になられる雀右衛門さんは、立っているだけでもしっとりとした女性らしさが醸し出され、踊る姿にはかわいらしさも艶もある。媚のない美しさ、女っぽさで、福助さんよりも私は好きだ。真の女性らしさとはこういうものなのだ、と改めて思った。

講座のなかで青木さんは、「舞踊とはからだで描くpoem」なのだと話された。そのお話しをそのまま実感できるような雀右衛門さんの『豊後道成寺』。「舞」の解釈で歌舞伎をもっと観ようという視点を頂いたように思う。

一緒に行った友人が事前に、演劇界の別冊『四世 中村雀右衛門の世界』を貸してくれたので、なんとも恵まれたお膳立てのうえでの観劇となった9月。さらに、9月は夜の部にもうひとつ必見の演目がある。やはり観ずにはいられまい。観れば観るほどにはまる歌舞伎の魅力なのである。

|

« パキラの声 | Main | 台湾の味 1 『夜市の味』 »

Comments

TBありがとうございます。
お礼が遅れてしまって申し訳ありません。
すてきなブログですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: | 23 October 2005 at 00:38

はじめまして!TBありがとうございます。
私もTBさせていただきました。

私も1度、国立劇場で新日屋さんの講座を聞いてから歌舞伎を観て、とても楽しめた記憶があります。また行きたいと思いつつも日程があわずにいます。

雀右衛門丈の清姫、ほんとにかわらしかったです!そして、最後の変化はほんと目を見張りました。

「舞踊とはからだで描くpoem」っていいお言葉ですね。舞踊って歌舞伎の中では苦手な方ですが、この言葉で見方を変えられるかもしれません。

Posted by: populus | 10 October 2005 at 21:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/6321045

Listed below are links to weblogs that reference 「舞」の歌舞伎:

» 九月大歌舞伎 [Pleasant Box]
当初予定していませんでしたが、25日の昼の部を、帰りの飛行機を変更して(・・・これはこれでいろいろありましたが・・・)観てきました〜。満足満足♪ 8月納涼歌舞伎の写真入りの筋書もGETできて、それも幸せ〜。 1階2等席の花道近く。とても舞台が観やすかったです。通路席だったので、「ヤジキタ」がおいしかったです。 『正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)』 橋之助丈の曾我五郎と、小林朝比奈の妹舞鶴の魁春丈。 荒事の隈取なので派手でパッと華やかな雰囲気になります。舞鶴の... [Read More]

Tracked on 10 October 2005 at 21:36

« パキラの声 | Main | 台湾の味 1 『夜市の味』 »