« 台湾の味 3 『お茶の味』 | Main | 歌舞伎の楽しみ方 1 »

20 December 2005

色の印象

人を、アナログな感覚を持つタイプとデジタルな感覚を持つタイプに分けられるとすれば、たぶん私はアナログのほうだと思う。いや、間違いなく、そう。計算は苦手ではないけれど、でも数字を覚えるのは苦手みたいだし、円周率(3.14159265358979323846264338... これ以降は忘却!)も、何度も口にしながら音というか語呂みたいなもので覚えたような気がする。人のこともディテールより、空からひっぱられているみたいな気持ちのよい歩き方だとか、モソっとあたたかく動く感じとか、匂いとか、色みたいなもので記憶している。

そんな記憶の仕方をしていると、知り合いや友人を無意識に色分けしていることに気づく。それは、その人がよく着ている色というわけではなくて、種や球根の時から花の咲く色が決まっているのと同じように、その人自身が持っている色のようなもの。それがそのまま『似合う色』の人もいれば、まったく違う色が似合う人もいる。

imagefoto2なぜ、色のことなど考え始めたかというと、今、hikaru noguchi というブランドサイトできれいな色のマフラーを限定販売していて、日本でのその取りまとめをさせていただきながら、たくさんの毛糸の色に触れているから。ロンドンから大きなダンボールが届いたときに、箱の中からマフラーを一本ずつ取り出すたびに、私ならどれが一番似合うかな、あ、この色は誰々さんのイメージ! などと考えていた。

私の友人たちも何人か限定販売のマフラーを購入してくれた(ありがとう!)。悩んで悩んで色を決める友人、すぐに決断する友人とさまざま。そして私にとって面白く思えたのは、彼女たちが最終的に選んだ色。それらの色は、不思議と私が想像していたとおりの色にほとんど落ち着いた。

そのマフラーを身につけた友人たちにまだ会っていない。彼女たちらしい素敵なコーディネートで今ごろ街を歩いてくれているのかな、と想像がふくらむ。たくさんイメージをふくらませて、実際に彼女たちに会ったとき、私の中でふくらんだそれぞれの人の色の印象とどうシンクロするのかが今はとても楽しみ。きっと、また新たな色の印象につながるのだろう。

そして、ここからは宣伝です!

DSCF0337hikaru noguchi は、ロンドンをベースに活躍している日本人ニットデザイナー、ノグチヒカルさんのブランドです。ロンドンはもちろん、ニューヨークや香港など世界の都市で販売され、日本でもバーニーズなどのセレクトショップなどに並んでいます。やわらかく質のよい素材とともに、なんともいえない独特な有機的なきれいな色の重なりが魅力。

今回の限定販売は、hikaru noguchiのトレードマークのシャギースカーフ(マフラー)に、お揃いでバッグなどにつけて楽しめるチャームをセットにしました。スカーフの色は全部で12色の限定色で、そろそろ売り切れの色も出て残り僅かとなっています。

DSCF0124購入後、お手元に届いたお客さまからも、他にはない色使いが好きです! ヴォリューム感も色合いも素敵! 好評です! というような嬉しいメールを頂いて、大きな感動を味わせていただいています。こちらにも大感謝!

販売は、hikaru noguchi のwebサイトにて。http://www.hikarunoguchi.com/
自分自身へのクリスマスプレゼントにいかがでしょう?

|

« 台湾の味 3 『お茶の味』 | Main | 歌舞伎の楽しみ方 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/7706401

Listed below are links to weblogs that reference 色の印象:

« 台湾の味 3 『お茶の味』 | Main | 歌舞伎の楽しみ方 1 »