« チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <3> | Main | チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <5> »

27 April 2006

チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <4>

アイディア、ヒントがたっぷり
4タイプのスモール・ガーデン 1

(いずれの写真もクリックすると大きめの画像が開きます)

チェルシー・フラワー・ショウには、ショウ・ガーデン以外に小さめのガーデンのカテゴリが四つあります。

・Courtyard Gardens(コートヤード・ガーデン):
 郊外や田舎に暮らす人々、田園風の庭が好みの人々向けの小さなガーデン
・City Gardens(シティ・ガーデン):
 都会に住む人々が、忙しいライフスタイルの中でリラックスしたり、楽しむことのできる
 現代的なガーデン
・Chic Gardens(シック・ガーデン):
 斬新なアイディアと現代的な材料を生かした、創造性と革新性のあふれる都会的なガーデン
・Sunflower Street Gardens(サンフラワー・ストリート・ガーデン):
 フロント・ガーデン向けのデザイン

これらのなかから、いくつかのガーデンをご紹介しましょう。

"A Child's Eye View" by Students of Aylesbury College
(Courtyard Gardens) GOLD
15_1子どもたちにどんな庭が好きか実際に尋ねてつくられた、8~9歳の子どもたちのためのガーデン。花と野菜の花壇、子どもたちの隠れ家、読書をするスペース、テディベアなどが用意されたこんな庭を、子どものころの自分にプレゼントされたら、幸せいっぱいで一日じゅうずっとここで遊んでしまったでしょう。コートヤード・ガーデンのベスト・ガーデンに選ばれた喜びを、ガーデンを見ている私たち観客に何度も何度も嬉しそうに伝えていたスタッフの姿が印象的でした。
<写真:色とりどりのレタスとテディベア>


"Careless Rapture" by Otley Agricultural College
(Courtyard Gardens) GOLD
16_2一見、何も手入れがされていないように見える庭。よく見るとイギリスの田園に見られる風景が丁寧に再現されていることがわかります。'Home Thoughts From Abroad'という詩をイメージして作られたそうです。イギリス人が「外国で想う我が家」の風景なんですね。
<写真:自然な植え込み>

"High Fliers Haven" by The Millbrook Garden Company
(Courtyard Gardens) SILVER-GILT
17_2 小鳥たちのためのガーデン。種をついばめるアリウムやベリーなどの食べ物が植えられ、銅の平べったいボウルでは水が飲めるようになっており、巣づくりのための小さな小屋も用意されています。
<写真:紫やブルー系の花と白い壁、銅や木製の小物の色合わせもきれい>

"Somerset Revival" by Amanda Patton & Queen Thorne Landscapes
(Courtyard Gardens) SILVER-GILT
18_2 サマーセット地方の雰囲気を感じさせるガーデン。イギリスのカントリーサイドの素晴らしさがアピールされています。
<写真:小屋に通じるドアと植え込み>

"The Living Paintings Garden" by Hannah Genders, The Hall Green & District Amateur Gardeners' Society
(Courtyard Gardens) SILVER-GILT
24_2 ブルー系の花が咲き乱れるなかにつくられた絵を描くスペース。まだ完成されていない絵のかかるイーゼルもオーク材。こんなスタジオで思う存分描ける画家は幸せですね。
<写真:ブルーの花の色の組み合わせ>

"A Time for Reflection" by Alex Trotman
(Courtyard Gardens) SILVER
19_2 シルバーの葉、ブルーの花の植え込みと空の色が、メタルの壁、床に映り、反射した光とともにぼんやりと白っぽい明るさをはなっていたガーデン。
<写真:全体の色にとけこむブルーのベンチ>

"Where Trains run on Thyme"  by The Gold Club
(Courtyard Gardens) SILVER
20_221_2 グリーンとシルバーのタイムでつくられた線路、カモミールの日時計、アイビーのトンネルのあるガーデン。歩くたびによい香りが漂ってきそう。
<写真左:かわいらしい看板 「タイムの上を列車が走ります!」>
<写真右:色違いのタイムでつくられた線路>

"The Chocolate Box" by Heath End Gardening Club
(Courtyard Gardens) BRONZE
22_2 キャドバリー社のチョコレートの箱に、昔、描かれていたコテージをイメージしたガーデン。
<写真:ゆり椅子の上で眠る猫の人形>

"Granny's Garden" by Marshalswick Horticultural Society
(Courtyard Gardens) BRONZE
23_2 おばあちゃんの庭という名前がついていますが、まだまだ孫が小さくて、若くて元気な現役のおばあちゃんの現代的なガーデン。
<写真:ハーブ、つるもの、切花用の花、果樹、野菜などの植え込み>


※このリポートはMainichi INTERACTIVE(毎日新聞)に2002年に連載したものです。イベント日時などは当時のものですので、ご注意ください。

|

« チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <3> | Main | チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <5> »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/9780899

Listed below are links to weblogs that reference チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <4>:

« チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <3> | Main | チェルシー・フラワー・ショウ 2002 <5> »