« ロンドン旅行のお楽しみ <2> | Main | ロンドン旅行のお楽しみ <4> »

02 May 2006

ロンドン旅行のお楽しみ <3>

ロンドン内の移動は、地下鉄、バスのどちらもとても便利で、タクシーも安心して使え、そのうえ、どこにでも気軽に歩いて行けてしまうのが魅力。そこにもうひとつ移動の手段を加えるとしたら、ボートでのショート・トリップ。

今回は、ゆっくりと小さなカナル(水路)を楽しんでみよう。

リトル・ヴェニスからリージェンツ・パークへ
(いずれの写真、イラストもクリックすると大きめの画像が開きます)

1003map
(イラスト by Takako Ashikari)

Londonj33 ロンドン旅行の際、赤い二階建てのバスや黒塗りのタクシー、天井の丸い地下鉄に乗るのが楽しみという方も多いはず。ロンドンらしさを感じさせるもののひとつでもある。地下鉄などは、つい最近まで木製の床の車両も多く走っていた。近ごろは、車両もずいぶん新しいものに変わり、券売機もタッチ・スクリーンの新しいものが増えている。旅行の最終日に、市内中心部を走るバスにあてもなく乗って街を眺めるのも楽しい。

もうひとつの移動手段として加えたいのが、水上バスのような風情があるボート・トリップ。時間が許せば、タワー・ブリッジ、ウェストミンスターから、テムズ川をRichmond(リッチモンド)まで上っていくのものんびりと楽しめるコース。

Londonj31 Londonj32_1 Londonj34_1 Londonj35
<左から:おなじみダブルデッカー、地下鉄の内部、タッチスクリーンの券売機、タワーブリッジとボート>

ガーデン・ショップ、ガーデンも楽しみながらボートにも乗ってみるならば、おすすめはLittle Venice(リトル・ヴェニス [地図1])からの乗船。茶色のBakerloo Line(ベイカールー・ライン)に乗って、Warwick Avenue(ワーウィック・アベニュー)駅まで行けば、Little Veniceは歩いてすぐ。駅からLittle Veniceまでの途中には、Clifton Nurseries(クリフトン・ナーセリーズ [地図2])という大きなガーデン・ショップがある。

駅の改札を出たら"Clifton Gardens"と矢印でさされた出口へ。階段をのぼったらすぐ後ろにある横断歩道を渡り、Clifton Villas(クリフトン・ヴィラズ)の通りを進むと左手にClifton Nurseriesはある。お店のマークと、スーパーマーケットで使うショッピング・カートに花をたくさん積んで出てくる人が目印。入口は細長く間口が狭いので見過ごさないように。

Londonj36_1 Londonj37 Londonj38
<左から:"Clifton Gardens"への出口はこちら、駅の出口と横断歩道、道の名前を示すプレート>

Londonj39 Londonj310 Londonj311
<左から:花が載ったショッピング・カートとショップの入口、Clifton Nurseriesのマーク、狭い間口を通って奥の広いスペースへ>

Clifton Nurseriesは、植物や鉢、ガーデニングの道具、オーナメントなどの販売とともに、"Landscape & Design"の事業もある。チェルシー・フラワー・ショウでGoldメダル受賞の経験もある実力で、今年(2002年)もショウ・ガーデンの部門に出展。小さな太陽電池が並び、水が循環するエコロジカルなガーデンは、Silverメダルを受賞した。

→チェルシー・フラワー・ショー2002のClifton Nurseriesのガーデン(BBCのサイト)
http://www.bbc.co.uk/gardening/events/chelsea/gardens/show_gardens/clifton/index.shtml
(残念ながら、このページは現在は公開されていないようです)

Londonj312 Londonj313 Londonj314 Londonj315 Londonj316
<左から:つるものなどのコーナー、ハーブなどの苗コーナー、観葉コーナー 壁のトレリスがきれい、この奥にデザインを相談するオフィスがある、お店のマーク入りの大きな大きなテラコッタ>

Clifton Nurseriesを出たら、もと来たClifton Villasの道をそのまま進むとBlomfield Road(ブロムフィールド・ロード)につきあたる。古いレンガの壁沿いに左に折れて少し歩くとカナルが見え、橋を渡った左がボート乗り場[地図3]。レンガの壁を右に折れるとカナル沿いのレストラン[地図4]もある。このあたり一帯がLittle Veniceと呼ばれ、カナルに浮かぶボートがヴェニス的な雰囲気を演出していて、散歩をするにもぴったりの場所。

Londonj317 Londonj318 Londonj319
<左から:橋の上にはレストランへの看板、橋を渡ると前方に"BOAT TRIPS"の文字が見える、Little Veniceの小さなカナル>

Londonj320 Londonj321 Londonj322
<左から:カナルに停泊するボート、出発までカフェでひとやすみ、花で飾られたボート>

Londonj323 Little Veniceを出発したボートはLondon Zoo(ロンドン動物園 [地図5])を経て、Camden Lock(カムデン・ロック)が終着点。日曜日にCamden Lockまで乗ってマーケットに行くのも楽しい。片道50分ほどで到着する。Little VeniceとCamden Lockを往復すると1時間50分。

London Zooで下船の場合は、ボート・トリップ代に動物園の入場料が含まれた料金になる。ボートを降りると、そこは動物園の中。


Londonj324 Londonj325 Londonj326 Londonj327
<左から:Camden Lock 犬がカナルで泳いでいる!、雲行きがあやしくなってきた、目の前を悠々と泳いでいく、ボートの上に英国の紋章をかたどったトピアリー>

Londonj329 London Zooは、1828年に開園された世界でもっとも歴史ある動物園で、現在も650を超える種類の動物たちが暮らしている。園内には、学校の遠足で訪れている小さな子どもたちが、地図を片手に好奇心いっぱいに駆けめぐっている。そんな様子を眺めるのんびりした時間も心地よい。大きなテントでは、動物園のお兄さんが動物の生態について講義中。こちらにも真剣な面持ちの子どもたちがずらり。
<写真右:挙手する子どもも>

Londonj330 小腹がすいたら園内のカフェテリアへ。この動物園のカフェテリアがひそかにお気に入りという大人が結構いるらしい。ケーキやアイスクリームはもちろん、暖かい食べ物もそろっている。お次はギフト・ショップものぞいてみよう。立体的でリアルな動物のお面や、ぬいぐるみ、文具、マグカップ、お菓子など豊富な品揃え。お面をかぶってお母さんをおどかす女の子が楽しそう!
<写真左:ケーキでひとやすみ>

動物園は、Regent's Park(リージェンツ・パーク)内の北側に位置している。次回[4]は、動物園を出て、ゆっくりとRegent's Parkを歩いて、ロンドンの今のトレンド・スポットへ向かう。お天気と時間にさえ恵まれれば、ぐるーりとどこまでも歩けるのがロンドンのお楽しみ。

Londonj328_1 Londonj331 Londonj332
<左から:園内のおすすめルートを示す足あと、サンデーはいかが?、カフェテリア内の古いポスター>

Londonj333 Londonj334 Londonj335
<左から:ショップ前に集まる子どもたち、おいしい?、園内のゲート こんなディテールも楽しい発見>

<地図の番号順に>

  1. Little Venice
  2. Clifton Nurseries
    http://www.clifton.co.uk/
    5a, Clifton Villas, Little Venice, London W9 2PH
    Tel:020 7289 6851
  3. The London Waterbus Company
    http://www.camdenlockmarket.com/57.html
    Tel:020 7482 2550
    ◇その他のボート・トリップのサイト
     http://www.floatingboater.co.uk/
     http://www.londoncanalcruises.com/little_venice.html
  4. Jason's (レストラン)
    http://www.jasons.co.uk/
    Jason's Wharf, opp. 60 Blomfield Road W9 2PH
    Tel:020 7286 3482
  5. London Zoo
    http://www.londonzoo.org/
    Regent's Park, London NW1 4RY
    Tel:020 7722 3333
    Fax:020 7586 5743

※このリポートはMainichi INTERACTIVE(毎日新聞)に2002年に連載したものです。掲載情報は当時のものですので、お出かけ前は現在の情報をご確認ください。

|

« ロンドン旅行のお楽しみ <2> | Main | ロンドン旅行のお楽しみ <4> »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88615/9813785

Listed below are links to weblogs that reference ロンドン旅行のお楽しみ <3>:

« ロンドン旅行のお楽しみ <2> | Main | ロンドン旅行のお楽しみ <4> »